受付時間
09:00 - 12:00





15:30 - 17:30







17:30 - 19:40





◆ … 第1/第3土曜日のみが診療日となります 
【休診日】水曜・日曜・祝祭日・第2・4・5土曜日

ご予約・お問合せはこちら03-6761-8815

アトピー性皮膚炎

病態

掻痒感の強い湿疹を主病変とし、多くは寛解・増悪を繰り返す疾患でアレルギー疾患の一つです。

増悪因子

環境因子(ハウスダスト、カビなど)、ストレス、発汗、食べ物、体調不良

治療

A 外用薬

ステロイド剤又は非ステロイド剤(プロトピック軟膏 免疫抑制剤)
保湿剤の併用(ヒルドイドソフト、ヒルドイドローション、ビーソフテンローションなど)

B 内服薬

第二世代の抗ヒスタミン薬が中心です。

治療のポイント

1.スキンケア

丁寧なスキンケアで清潔な皮膚、肌の潤いを保ちましょう。

2.皮膚の炎症コントロール

外用薬(ステロイド剤、非ステロイド剤)による薬物療法。

3.悪化因子の除去

環境因子などの症状を悪化され因子をアレルゲン検査(採血)し、生活習慣の改善に努める。